単身赴任のアレコレ!メリットやデメリットにはどんなものがある?


単身赴任するかどうかはメリットデメリットで考える

会社の事例で単身赴任することになってしまった場合、家族を持っている人は受理するかどうか悩んでいるケースが少なくありません。

そこでまず考えるのは、単身赴任をするとどのようなメリットとデメリットがあるのかというところです。それを踏まえて家族に相談すれば家族ももどちらがいいのか考えやすくなっているので、家族構成や現状なども踏まえて検討するのが大切だとされています。

単身赴任のメリットについて

まず単身赴任をするとどのようなメリットがあるのかというと、「会社からの手当てを受けられる」点があります。これは会社によってどのような手当てになるのかは異なりますが、単身赴任そのものに対する手当や帰省手当、家賃補助などが挙げられています。

また会社によっては単身赴任用の寮を提供してくれるところもありますし、金銭面の負担を軽減できるところは大きなメリットと言えるようです。また結婚をしてからはなかなか得られなかった個人の自由な時間を持てるようになりますし、家族との時間が少なくなるので会える時には新鮮な気持ちになれるところがメリットだとする声もあります。

単身赴任のデメリットとは

単身赴任によるデメリットとして「浮気される可能性がある」と考える人がいます。しかも個人の自由な時間があるので生活習慣が乱れてしまう可能性もあるので、元々だらしない生活をしていた人の場合は歯止めが利かなくなってしまうという健康面でのリスクもあるようです。

ほかにも子供がいる場合には父親と接する時間が少なくなる点や、仕事以外にも家事を全て行わないといけない負担が面倒だと感じる人も多いと言われています。

単身赴任の家具は一人用の小型の製品が適していますが、長期化を考慮して頑丈な造りの物を選ぶように心がけます。また、帰郷の際に適切な処分が出来るように材質にも気を配るのが社会人としてのマナーです。