スマートに手渡したい!ギフト用フラワーのおもてなし演出!


きらめきを放つ器ごとプレゼント

結婚式にはフラワー演出が欠かせないもので、会場を彩る花々をゲストにギフトフラワーとして持ち帰ってもらうことも多くなっています。そんな時、手渡しをしたいけれどなかなかスムーズにはいかないという光景もみられます。式後、快く持ち帰ってもらえるようにしておくといいでしょう。たとえば、器ごと花を持ち帰ってもらうのも一つの方法ですよ。透明やグリーンのガラスボトルに白やグリーン、黄色の花を挿しておきましょう。ガーデンパーティなど明るい会場の演出によく、太陽の光を受けて花もボトルもキラキラと輝きますよ。

包みをほどいてみれば

ケーキのように二段に花を盛り付け、まるでチョウがひらひらと優雅にバラのまわりを飛んでいるかのようなテーブルフラワーは、下の段に小さなバッグに花を詰めたものをぐるりと並べておきます。筒状の器にバラとコチョウランをぎっしりと詰めておくといいですよ。包みをほどいてみれば、花がバッグにおさまっているので、式後がゲストがバッグを受け取るだけなのでスムーズに渡ります。そのままバッグの持ち手を持って帰れる気軽さがゲストにとっては嬉しいでしょう。

重ねて魅せるボックスアレンジ

ゲストがそのまま気軽に持ち帰れることをメインに考えるのなら、ボックスアレンジにするといいでしょう。テーブルにただ並べるのではなく、積み重ねて飾ると動きが出てきますよ。白いボックスにマリーゴールドとアジサイなどを挿せば、紫と黄色のコントラストがとてもさわやかでしょう。ハーブを添えるとよりやわらかい雰囲気に仕上がりますよ。持ち帰ってそのまま飾れるのがメリットでしょう。

京都の結婚式場には和風の建物を再利用したものがあり、日本らしい式を挙げたいカップルに評判が高いです。